CREEZAN

丸3年、お世話になりました。これからもまだまだ頑張りますので、 Numéro TOKYOをたまには覗きにきてくださいね。そして、またどこかで〜!

 

 

2018年の4月から、こちらのコラムで月々の体験を綴ってきました。この3年の間に、本当にいろんなことがありました。そして昨年末より風の時代へと突入し、コロナ禍により想像もしていなかった日常=ニューノーマルを迎えています。

風の時代には、200年以上続いた地の時代の価値基準ががらりと変わり、新しい価値観にそって生きていくことになり、私たち地の時代をどっぷりと生きた世代は、チューニングを始めることからしなくてはいけなくなりそうです。

今までのようにわかりやすく目に見える高級車や時計、お金、不動産といったものが基準になるのではなく、コミュニケーションや情報、人脈(=金脈)などの、目に見えないものにこそ価値が生まれ、人の意識がそちらに流れていくそうなのです。はい。間違いなく資本主義は崩壊へと向かうとも言われています。
そんな中、何を指針に生きていくのか? 気になりますよね。
軽やかさ、楽しいという感覚。所有ではなくシェア、印象、そして波動。これらが鍵となるそうです。そしてモノそのものではなく、バックグラウンドや背景などのビハインド・ザ・ストーリー(裏側に隠された物語)に人は共感を得ていくそうです。そこをしっかりと捉えて、新しい時代を切り開いていかなくてはいけませんね。前置きが長くなりました。

私が編集長をつとめるNuméro TOKYOも本誌ではなく、波動で新しい共感をつくっていこうとオンラインサロンをスタートしました。第一回目は写真家のホンマタカシさんに登壇いただき、vol.1では「写真のチカラ、いい写真とは?」について、vol.2では参加者から投稿いただいた『失敗写真』について講評をいただき、大変意義深い会を終えることができました。写真好きの皆さんは他ではない写真論に出合えたことと思います。

本誌に掲載されたインタビュー記事は
こちらから → https://numero.jp/20210114-2020-through-a-lens/

『ナイトチャット』

『東の彼方のラビリンス』

『ふ・い・う・ち・2008』

私も匿名でこちらの3点を投稿しましたが、うち1点、無事にホンマさんに選ばれ、講評いただきました。(選ばれたのはなんと、『ナイトチャット』でした)

ホンマさんいわく、デジタルカメラや携帯で撮影をするようになってからは、露出やピントの問題が簡単にクリアされるので、このような失敗写真はなかなか生まれません。何度も撮り直せるデジタルカメラだと現像した瞬間の驚きが生まれず、発見もないそうです。確かにこれらの失敗写真は、すべてネガフィルムで撮影したもので、当時の時空間や瞬間が切り撮られていてなんだか愛おしく感じますよね。

そして、第二回目は、これからの時代をどう生きていくのか? を西洋占星術(金融占星術)家の橘 さくらさんに、星座別「タイムトラベル『運命日』占い」としてレクチャーいただいています。

2月28日に、双子座、乙女座、魚座が終了し、たくさんの方から『参加して、未来の展望が見えてきました!』と大好評だったので、こちらでも明記させていただくことにしました。(第二回目の3月7日開催の射手座、天秤座、水瓶座の会の販売は終了しています。ごめんなさい。)

第3回目開催は3月13日(土)に以下の星座で、販売は3月8日23:59までです。
    16時〜獅子座       18時〜蟹座        20時〜蠍座

第4回目開催は3月20日(土)に以下の星座で、販売は3月15日23:59までとなっております
     16時〜牡羊座      18時〜山羊座      20時〜牡牛座

ご興味ある方はぜひご参加くださいませ。

さて、昨今のファッション業界は、それでもなんとかエネルギッシュに新作を発表したりコラボ商品を出したり、そしてお店をオープンさせたりと動いています。
最近話題なのは、エルメス表参道店。ここにしかないラインナップもたくさん取り揃えられていて、青山界隈に出向かれた方はぜひ覗いてみてください。

エルメス表参道店の外観です。

ここがオシャレだなと思うのは、サーフボードや自転車といった素敵なアイテムが販売されているところです。スケボもあります。

もちろんファッションアイテムもたくさんあります。

ホームグッズも充実しています。

そして表参道店の限定がこちらの寄木で仕上げられたケリーです。数百万円だそうです。(すみません。はっきりとした金額は覚えておらずです)

今週1週間、例年通りならばパリに出張中ですが、今季もまた、各ブランドさんがオンライン配信でブランドごとのイメージを展開しています。
ますます困難な状況が続きますが、みなさまもどうかお元気で。またこちらでお会いできる日を楽しみにしています。

9ree3 • 2021年3月6日


Previous Post

Copyright © 2021 / CREEZAN