ソウル-東京-京都

 

パリから帰国し、旅は続く。
ソウルに2泊3日寄っての帰国。フランスの携帯をソウルで紛失。。それで撮っ
た写真はアップ出来なくなってしまった。。

東京でソウル旅のメンバーと食事する事に。フィレンツェ本店は100周年超え、
東京は1980年以来30年以上の歴史を誇るサバティーニ・ディ・フィレンツェ東京
が集合場所。ソニービルの改築により、新しくヒューリックススクエア東京にリ
オープンしたばかりのリストランテ。
パリは、イタリアの隣国なのに、不思議とイタリアンがイマイチ。近年少しは
美味しくはなって来たけど、ある意味謎の一つだ。
それに比べて、日本は美味しい店が多い。ただ、正統派イタリアンを食べれる
店は意外に少なく、サバティーニ・ディ・フィレンツェ東京はお気に入り。シェ
フ バルディ氏の作る料理に加え、メートルドテルのトンバ氏のワゴンサービス
を銀座で食べられるのは最高にハッピーな事。

京都に到着。祇園の切り通し進々堂さんで、いつもは、コーヒーとキュウリサ
ンドイッチだけど、初ミックスジュース。美味しいあられも頂いてしまった!素
敵な家族。いつもご馳走さまです。

11:00オープンを待って、フランフランの高島さんが工芸品を新しい形で見せる
ショップ祇園のMaster Recipe に。インテリアデザインは、glamours の森田恭
通さん。良く知るお二人の新店は、ディテールも素晴らしく、品格の中にちょっ
と毒もある。期待通りのショップになっていた。値段も買いやすく、商品セレク
トも気に入りました。

同行したのは、ARIAの有吉さん。北白川の彼のショップは、オリジナルの他、
北欧の家具販売されている。1946年丹後・与謝野での創業の家具ファクトリー。
興味進々。また近くの「駱駝」という中華レストランは、京都造形芸術大学も近
くランチ時だった事もあり、学生も交え賑わっていた。その後、金網つじにも寄
りました。



夜は、ロームシアターでの葉加瀬太郎さんのコンサートに。先日ラジオ番組に
よんで頂き楽しい時間でした。
ご本人同様、ハッピーオーラに包まれた演奏。トークも面白いし、演奏も圧巻。
大きな大地に立って風を感じてるような感覚の演奏会でした。

kawahara • 2018年12月31日


Previous Post