パリ~ローマ

 


パリの生活もあっと言う間に30年が過ぎた。
一番の宝物は何と言っても人との出会い。それは仕事でもプライベートでも同様。自分の今があるのは、そんな人達に支えられ、驚かされ、刺激を受け、こうしてここまでやって来れた事に間違いない。ヨーロッパの中心に位置する巴里は、移動が簡単という利点も大きいところ。ローマもパリから約2時間のフライト。今回の旅は、そんなパリの友人が結婚4周年?という、不思議な区切りで、単なるパーティーをやる理由をこじつけた様なタイミングで決行された。パリ始め、世界中から約300名が集うことになった大パーティー。

 

1日目はマーケットを貸し切って。
ヘアとメイクアップアーティストのオディールとステファンにも久しぶりの再会。
1日目のドレスコードは『カジュアル』。公共の市場を貸し切り、肉屋ではハムや豚の丸焼き、八百屋はサラダ、惣菜屋ではパスタやリゾット、チーズ屋、お菓子屋等、カジュアルででも楽しいしつらえで夜は明け、すっかり午前2時まで遊んでしまった。

 

2日目はゆっくりめの1日のスタート。それでも朝食は必ず取りたいのが僕。その後、この歴史博物館のような街を散策。暑いから、ペットボトルを鞄に入れて。実は、二日酔い気味ながら、朝食の時CREEZAN キャンバスにローマのうさぎを描き付けたのだった。

 

フラフラ地図も無く歩いてもそこは博物館の街。ウィスパシアヌスとティトウス神殿を見下ろす Museo del Vittorianoに入ってみた。

2日目はメインのパーティーは、ヴィラメディチでの アペリティフから始まり、素晴らしいしつらえの着席のディナー。この日は、勿論正式なフォーマルドレスアップ。僕も着物でいざ!

fbt

招待者皆ドレスアップしたヴィラ・メディチでのメインイベントでぃn!

 

kawahara • 2018年7月31日


Previous Post