城崎温泉

 

 


城崎温泉のCREEZANでライブで描いたうさぎ。


急に思い立っ城崎温泉に行く事を話すと、天橋立のお気に入りレストラン310のターくんとユキちゃんが「一緒に行きましょう!」と連れて行ってくれる事になった。
その日は、ちょっとみぞれ混じりのちょっと寒い平日の朝。温泉街もまだ人通りはまばらだ。
川沿いを散策。知らないけど、「城崎温泉節」の碑を見つけた。お金を箱に入れておくセルフのミニ八百屋が軒先に。漬物まで売ってる。


城崎麦わら細工伝承館
日本中でも麦わら細工は、城崎だけのものらしい。


夏の天橋立ビーチバーで出店していて出会ったoff.Kinosaki 谷垣亮太朗シェフに会いに。
ボリュームもあり、美しくもあり快適。もちろんメインも付け合わせまで美味しく大満足。


やっと来られた!CREEZAN城崎本店。旅のうさぎは、店内でその場で描かせてもらった。
2Fに併設されているカフェで一休み。その後、豊岡の工場も案内して頂け、アトリエ好きとしては嬉しい体験。ターくんとユキちゃんも、こんなチャンスは初めてらしく興奮気味。
CREEZAN


この地の間違いなく名家であろう西村家。150余年の歴史を持つ老舗旅館「西村屋本館」以外にも、凄いお屋敷があったり、並びには、モダンなレストランやブティック「さんぽう」も2019年にオープンしたばかり。
さんぽう西村屋


温泉街なのに今回は、温泉にも入らず。苦笑。次回の楽しみにとっておこう。


帰りに寄ったのは、カップケーキ、スコーン、クッキーが住宅二階の隠れ家のような佇まいで存在するTRANSFER。神田御夫婦の雰囲気も味と店とぴったりマッチしてほっこり優しい。
TRANSFER


コウノトリフェチのターくんとユキちゃんに連れられ、兵庫県立コウノトリの郷にやって来た。守られて飼育されている8羽以外に自然に生きてるものなど。写真は上手く撮れなかったけど、電信柱の上に一本足で立ってる姿はその大きさ含め圧倒されるほど。敷地内には、兵庫県立大学のコウノトリキャンバスまであった!そして郵便ポストもコウノトリ。

9ree3 • 2020年2月13日


Previous Post