アントワープ

  パリから2時間の電車の旅。あっと言う間にベルギーの首都ブリュッセルも通り 過ぎて大好きな街アントワープに到着。圧倒的な迫力の中央駅が今の形になって きたのは、1895年。地下3階実際には、6、7階くらい深い…

Continue Reading

祇園の夜

  益々日本はインバウンド。京都は海外から訪れる人達に、短期間で日本を体験してもらえる最適な場所。 日本人にとっても勿論絶大なる存在感で、訪れる人が後を絶たない特別な街だ。 僕の日本滞在をSNSで知った友達が「…

Continue Reading

海の京都

    日本三景の一つ、天橋立。平安の歌人である和泉式部や近世の与謝野晶子、寛夫婦も訪れた、「神の住み給う処」と言われた場所。 小雨はれ みどりとあけの 虹ながる 与謝の細江の 朝のさざな波  寛 人…

Continue Reading

ロンドン

  僕にとって初めての海外生活パリは、美術、文学、映画、そしてロンドンは、ブリティッシュロックが大きく影響していた。一般的には、アメリカ思考だったその頃、ただ僕は兎に角ヨーロッパのこの2つの街に強く惹かれていた…

Continue Reading

パリ~ローマ

  パリの生活もあっと言う間に30年が過ぎた。 一番の宝物は何と言っても人との出会い。それは仕事でもプライベートでも同様。自分の今があるのは、そんな人達に支えられ、驚かされ、刺激を受け、こうしてここまでやって来…

Continue Reading

ローマ

  パリから2時間弱の旅、久しぶりのローマにやって来た。 フィウミチーノ国際空港に降り立ち一歩外に出た途端に完璧な南の光が、ジリジリと熱を身体に刺す。 パリも充分なまでに歴史の街だが、イタリアローマにやって来る…

Continue Reading

パリ左岸セーヌ通りのギャラリーでの個展が始まった

  SergePoliakoffは、20世紀を代表する抽象画の巨匠。その孫のマリー・ヴィクトワー ル・ポリアコフがオーナーだ。 僕も2点そんな巨匠へのオマージュ作品を新しい’かけ軸’というかたちで表現 した。今…

Continue Reading

PARIS-TOKYO同じ大都会の間にある違い?

  今月5月24日からパリ左岸(セーヌ川を挟んで南側)サンジェルマン・デ・プレのGalerie Pixi で展覧会が始まる。その為、旅するうさぎは又フランスに戻って来た。     今日はメー…

Continue Reading

旅するうさぎ

    ここ2年くらい、年5、6回往復のパリ-東京。 こっちが春でも、まだパリは寒い。薄手のコートが必要。 機内では、楽チンなスエットパンツ。 帽子も僕の必須アイテム。お気に入りのH at(Ohko …

Continue Reading