パリ

    バッグの絵のうさぎ遂にサイドに描くことに。今年はコロナでパリが中心。 コロナのせいで、1年かけて準備して来たブリュッセルの展覧会は延期となってしまった。。 我が家の暖炉の上。ヴィンテージバカラ…

Continue Reading

パリ 10月

  バッグの絵のうさぎもコミコミ。ソーシャルディスタンス無しの状態になってきた。今月は兎に角制作活動三昧の月だった。 Marin Beau-Arts はパリの南の郊外Arcueilにある画材屋。特にキャンバスは…

Continue Reading

ブリュッセルの9月

  バッグのうさぎにも相変わらずマスクは離せない。 通りにもこんなマスク必須のサインシステムが見られる。デザインがちょっと日本的? 今年で7回目となるアート/デザインイベントuptown Designの招待を受…

Continue Reading

パリ8月

    コロナでもバカンスには行くフランス人。今年は国内旅行が主流のようだ。 新しく建設中や修復中のほか、タチ行かなくなって閉店の小規模店舗も増えてきたのが心配。ただ夏の工事はある意味パリの風物詩。 …

Continue Reading

パリ七月

    ラテン精神で良い意味で楽観的、悪い意味で協調性に欠ける。そんなフランスでは、ロックダウン後のマスク率は一気に低下。罰金でも課せないと本当に簡単な事が守れない人達だ。ここに来てまた感染者が増加し…

Continue Reading

ハ゜リ サンシ゛ェルマンオンレイ

    外出許可証は公共交通機関に限り、乗車時のラッシュの朝夕はまだ必要。 随分自転車を使う人が増えたので、マスクに自転車のウサギ。 セーヌ川沿いの右岸と左岸の一部は歩行者、自転車、キックボード専用で…

Continue Reading

PARISロックダウン直後

    55日間のロックダウンからパリも解除された。ただまだまだ油断出来ない。 絵もマスクのうさぎを描いてみた。 公共のメトロやバスは出来るだけ乗りたくないので、活躍するのは自転車。以前に増して相棒感…

Continue Reading

パリ/ロックダウン

    コロナウイルス世界的影響で、在住しているフランスもロックダウンして早1カ月半が過ぎた。 開いているのは、食品店、薬局、タバコ屋、銀行や郵便局なども一部が短縮時間で営業している。 今これを書いて…

Continue Reading

BRUSSELS

    パンデミックの世界的影響で、在住しているフランス、そして今回のブリュッセルが首都のベルギーもロックダウン中。 これは、ギリギリに旅に出れた記憶です。 今回は、グリーンのうさぎにしてみた。以前来…

Continue Reading

IBIZA

  まだパリでは皆コートに身を包んでいる3月始め。たった2時間20分のフライトで降り立ったイビサ島は、もう初夏のような太陽光線で溢れていた。 Saint Jordi地区のレストラン la Escolleraは海…

Continue Reading