今回は、パリメンズコレクションと ヴェルサイユ宮殿❤体験について

 

1月16日〜20日まで、弾丸パリ出張に行ってまいりました。
いま、もっとも若者のハートを捉えているブランド、OFF WHITEのデザイナーであるフラックアメリカンのVirgil Ablohが、Louis Vuitton Mens Collectionのクリエイティブディレクターに抜擢され2シーズン目となるショウを取材するためです。


たくさんのセレブリティが かけつけました。
セレブの顔ぶれをみるだけでもヒップホップ感、漂っています。
日本からはEXILE/三代目J Soul Brothersの岩田剛典さんやm-floのVERBALくんが参加。


現代アーティストの村上隆さんもいらしてました。


マイケル・ジャクソンへのオマージュを込めた、
ストリート感をほどよく盛り込んだミュージカル形式のショウに会場は沸いていました。


 
ショウのあとは、Virgilにおめでとうを伝えるためにバックステージへ。
EXILE/三代目J Soul Brothersの岩田剛典さんがVirgil AblohのLouis Vuittonをまとってファッション撮影に挑みました。その模様も含め、ファッションヴィジュアルのすべてをNumero TOKYO4月号に掲載します。特大スペシャルフィーチャーですので、ファンの皆様はお楽しみに!!

さて、翌日は、夜23時羽田行きの便まで時間があるので、かねてからお声がけいただいていて訪ねることができていなかったヴェルサイユ宮殿のトリアノン領有地まで足を運びました。


国際的な現代作家である杉本博司さんの『SUGIMOTO VERSAILLES Surface of Revolution』を見るために。

まずはヴェルサイユ宮殿トリアノンのなかで1ショット。

 

大きな庭園の一角に、千利休に影響をうけて制作したガラスの茶室『聞鳥庵/モンドリアン』が。

 

そして、トリアノンのあちらこちらに飾られているのが、まるでほんもののポートレート写真のような蝋人形の写真。「能の舞台で死者の亡霊を呼び出して語らせるように、小トリアノンにヴェルサイユを訪れた人々の霊を蝋人形として呼び寄せてみることにした」と語られるように、実際にヴェルサイユ宮殿に訪れた人たちの蝋人形の写真を配置したのだそう。

ナポレオン・ボナパルト

ベンジャミン・フランクリン

ヴォルテール

1778年に建てられた八角形の建物には彫刻作品『Surface of Revolution』

 

別館にたどり着くとルイ14世

 

チャールズ1世

ヴィクトリア女王

サルヴァドール・ダリ

フィデル・カストロ

昭和天皇

 

などなど。ここでは紹介しきれないたくさんの歴史上人物が、マリー・アントワネットが過ごしたこの地に訪れていたのですね。圧巻です。

田中 杏子 • 2019年2月2日


Previous Post