LOUIS VUITTON 大阪御堂筋店オープンは、一大イベントでした。

 

 

日本最大の広さを誇る、こちらルイ・ヴィトン メゾン 大阪御堂筋。大阪の歴史を彷彿させる菱垣廻船から着想を得たファサードが、喧騒の御堂筋に浮かび上がっています。美しいですね。
建築は青木 淳さんが出がけられたそうです。

店内には素敵なコレクションがいっぱい!

また、内装はピーター・マリノ氏で、彼がキュレーションしたアート作品が店内に配置されています。

店舗内に配置された家具たちは「ルイ・ヴィトン オブジェ・ノマド」のもので、2012年に始まった一流デザイナーを起用したトラベル&ホームコレクション。旅からインスパイアされた製品を美しく製作し、新たな命を吹き込まれたオブジェたちです。

多目的スペースの5階では、この「オブジェ・ノマド」が飾られていて、贅沢かつ斬新、それでいてモダンな世界観を放っています。

こちらは、ドールハウスだそうです。贅沢。

最上階の7階はルイ・ヴィトン初のカフェ「LE CAFÉ V」と紹介制レストラン「SUGALABO V」がオープンし、話題になっています。
カフェの写真は撮り忘れましたが、このスーツケースがドアになっていて、
動いた向こうがレストランです。

こちらのお皿は吉岡徳仁さんの作品でした。

オープニング翌日のお昼にいただいたSUGALABO Vのメニュー:
多田さんの24ヶ月熟成の生ハムは、生ハムの握りになっていて、
生ハムが舌の上でとろけました。

北海道の襟裳沖 毛蟹のキッシュ

ベリゴール産黒トリュフのクロックムッシュー

菊芋と百合根の軽いカプチーノ

根室・野付沖 殻付き帆立と雲丹のデュオ、レモングラスの香り

仙台 黒毛和牛頬肉と冬野菜のポトフ

白木果樹園の土佐文旦、ライチの香りのココナッツのソルベと

クレープシュゼット
もちろんコースの全皿を完食いたしました。美味しかったです。

さらにはヘリコプターで古墳を見るというオプションもあり、
古巣の大阪を空から眺めました。

世界遺産にも認定された、世界最大を誇る仁徳天皇陵古墳

百舌鳥古市墳群として、他にも古墳が点在していたのですね。

大阪城。

一番向こうにある埋立地が、2025年開催の大阪万博地だそうです。

最後に初日のディナー&パーティ会場で撮った記念撮影をディナー会場にて、インフルエンサーのみなさまと。

9ree3 • 2020年2月14日


Previous Post

Next Post