アジアのベストペストリーシェフに選ばれた庄司夏子さんのレストラン、étéを堪能

 

 

コロナ騒ぎがまったく落ち着きを見せない昨今ですが、
みなさまにおかれましてはいかがお過ごしでしょうか?
前回に引き続き、パリコレクション第二弾をお送りしようかと思っていたのですが、
明るいニュースが入ってきましたので、シェアさせていただきます。

多くの著名人やグルメに愛されてきた「été(エテ)」の庄司夏子シェフが、
ヴァローナ社がスポンサーを務めるAsia Best Restaurant 50が選出する
「アジアのベストペストリーシェフ」に、初の日本人女性として受賞しました。

容姿端麗でセンスも良く、オリジナリティに溢れている上に30歳という若さですから注目の的でした。まさに食業界のキラ星なのです。

été(エテ)は、2014年に4席のみのおまかせスタイルの招待制レストランとしてオープンし、その後、瞬く間に噂となり、気がつくと、デビッド・ベッカムや村上隆といったセレブから、ルネ・レゼピ、フェラン・アドリアといった有名シェフまでも魅了してきました。昨年、渋谷の閑静な住宅街に新たにオープンしたété(エテ)は、客数6席、月に20組ほどしか予約を取らないといった超エクスクルーシブなスタイルは変わらずとも、完全招待制というクローズしたスタイルからメールで予約を受け付けるオープンスタイルに変更したのだとか。ちなみに、こちらの写真、夏子さんの後ろが、新しいétéです。

庄司夏子シェフが最高品質の旬の食材のみを使用して、フレンチのフィルターを通したオリジナリティあふれる11皿を堪能できるということで、先日、舌鼓をうちにお邪魔してまいりました。

まずは、ウニのタルト
オリジナリティあふれる最初の一品。

最初にいただいたシャンパンも絶品でした。Castellaneというヴィンテージシャンパン。テーブルの上には桜のしつらえが。センスに脱帽です。

カモフラージュ柄のような尾長鴨の前菜にはトリュフを乗せて。
ジューシーな鴨肉がとろけました。

コンスメと卵の、カニ茶碗むしは、心にも胃腸にも優しい味で、文字通りペロリ。

ここで本日焼きたてのパンが出てきました。
目の前で切ってくれたのですが、湯気があがっていました。

そこに、香りづけされた燻製状態のバターが添えられ、ガラスを開けると、煙とともに香りが広がります。全部食べたかったですが、後のことを考えて、1/5ほどしか手をつけられず。

次に出てきたのが、ふぐの白子のミルフィーユ仕立て。上にはスライスしたカリフラワー。中央のミルフィーユにナイフをいれると白子がとろりと出てきました。傑作です!

さらには贅沢な2014年のChassagne Montrache 白ワインが振舞われました。
この時点で絶好調になってきておりました。

こちらは白身魚をカリッと仕上げて、ネギの出汁ソースでいただくのですが、
絶好調すぎて食べるのに必死で、詳細を聞くのを忘れました(汗)!

最後にはホロホロ鷄のふきのとうのソース。
美味しすぎて全皿完食していたら、この辺りで満腹状態になり、もっとゆったりとしたお洋服を着てくればよかったな〜と後悔したほど。

締めは、濃厚な味のちまき。

さらにデザートには、先ほど瞬間で作ったというとちおとめのシャーベット。
アクリルの中にとちおとめが埋められたものは、フラワーアーティストの東 信 さんの作品だそうです。お皿やカトラリーへのきめ細やかな演出に感激です。
東 信さんが、作品として出されるたびに、少しずつ購入されているそうで、
もちろんお皿として使用することも、東さん公認だそうです。

ここで、庄司夏子シェフの代表作、幻のケーキとの異名を持つマンゴーケーキの花びら部分(マンゴー)が登場です。バラの花びらのようにスライスしたマンゴーを飾るように、同色のバラが散りばめられています。

それをひとさら、サーブをしながら、周りに花を散りばめていきます。まるで現代アーティストの作品作りを見ているような、何かの儀式に立ち会っているような、所作まで美しい彼女に見惚れてしまった瞬間です。

左が最初に出されたおしぼり、右が最後に出されたおしぼり。
最初はお店の名前だったのですが、最後は食後を意味するAte。
ユーモアあふれる演出ですよね。

コーヒーとともに、最中スティックがでてきて、それらもすべて完食しました。

こんな経験、味わえないなというエクスクルーシブで特別な時間でした。
最後にリシェスの十河ひろみ編集長と夏子さんを囲んで記念撮影。
ここは食と時空間を楽しむ、総合芸術的なレストランでした。ごちそうさまでした!!

予約はメールで受け付けているそうです。みなさまを食の別世界へ誘ってくれるétéへ、ぜひ。
été ‒ 連絡先
Eメール:ete.inquiries@gmail.com
サービス:ランチおよびディナー
所在地:〒151-0066東京都渋⾕区⻄原3丁⽬23−1
インスタグラム:@ete.restaurant

9ree3 • 2020年4月7日


Previous Post

Next Post