CHANELクチュールコレクションで、先日モデルデビューを果たしたkōkiちゃん発見。

 


パリ2泊4日の旅。Chanelのショウ、モデルデビューを果たしたkōki、
カルティエ財団で開催中の石上純也展・・・刺激がいっぱいでした!


CHANEL2018-19AWオートクチュールコレクションのプレスツアーで、パリに二泊三日のご招待を受けました。

田中杏子
宿泊先はHotel de Crillon。オバマ大統領も宿泊したパリ屈指の名門ホテルです。数年にわたり行っていた大掛かりな改修も終了し、美しく生まれ変わって心地いいです。


アメニティはすべてBULYのもの。

シャネル オートクチュール2018

今回の会場はグラン・パレ。CHANELのショウはクチュール、プレタポルテに限らず毎度、会場内に街や滝、森や遊園地、ロケットなど壮大な設営を行うことで有名ですが、今回のクチュールは、パリのセーヌ川沿いの古書店を出現させました。



クチュールのドレスを着て街を闊歩するモデルたちの姿に、現代の女性像やライフスタイルが表れていて、まるでオートクチュールの在り方を示しているかのよう。

そして会場にはスペシャルゲストが!!

キムタク娘 工藤静香 次女 kōki
先日、モデルデビューを果たしたkōki。笑顔が素敵。

工藤静香とKOKI 木村拓哉の娘 次女 モデル コウキ
工藤静香ママも一緒です。シャネル日本邦人社長のリシャール・コラスさんと奈緒子さんご夫妻とともに。

翌朝、シャネル・ハイジュエリーの発表会がグラン・パレの別の場所でありました。全体のテーマはココ・シャネルの自邸にある屏風〜コロマンデル〜に着想を得たそうです。発表会の会場は、まるでおとぎ話しのようなファンタジックな作りでした。


こちらがその屏風。ココ邸にはこれが何十枚もあるそうです。


美しいジュエリーコレクション。
数千万のこのネックレスも、すでに売約済みだそうです。

デザインの多くは、コロマンデルコレクションの名の通り、屏風に描かれたモチーフがジュエリーに生まれ変わっています。

20時CDG発までの自由時間を使って、Fondation de Cartierで行われている石上純也展を見にきました。



建築を、全く異なる視点からアプローチをする手法は、まるでアート作品のようです。石上建築の特徴は、自然をあるがままに使い、取り込み、一体化させる、という点。


展覧会場には、自由な発想で着想し実際に建てられた建立物を縮小した模型も多くあり、実物を見に行きたい!という衝動にかられました。


展覧会には石上さん直筆による、その作品への想いを言葉で表現。言葉から建築が生まれたのか、生まれた建築に言葉をのせたのか? とてもポエティックです。

ちなみに石上純也展は、Fondation de Cartier史上初の建築展になったそうです。

最後は、前々回に記載した「マルジェラ:ザ・エルメス・イヤーズ」を観てきました。

エントランスは、エルメスのオレンジとマルジェラの白が両サイドに配されています。


それぞれのボックスが、エルメス側は整然とマルジェラ側はランダムに飾られていました。


展覧会そのものも、エルメスとマルジェラが対比されています。


お部屋の最後はエルメス、マルジェラそれぞれのドレスが飾られていました。

田中 杏子 • 2018年7月6日


Previous Post