東京で過ごす9月末〜10月初旬は、 ほぼ30年ぶりぐらいです。

 

ようやく涼しくなってきた今秋、みなさまいかがお過ごしでしょうか?
思えばこの時期は例年、ミラノやパリでどっぷりコレクション取材に勤しんでいる時期なのですが、今年は、どこにも出向かず東京におります。

東京にいながらにして、世界各都市の新作発表をオンラインで拝見する、という日々が続いております。
ヨーロッパとは時差の関係上、日本時間の夜から深夜にかけての開催となるのですが、ライブ配信のあとには各ブランドのホームページ上やインスタグラムにアップされているので、見逃しても閲覧可能というのも、ありがたいです。

BURBERRY
英国の自然の中で21年春夏コレクション「イン・ブルーム」を披露。通常だったらこの場所じゃできないですよね。ショーは現代の神話、モダンなおとぎ話を表現。英国の自然と都会、雄大な大地と海を同時に感じさせながら、一貫して自由を表現したそうです。


世界的に著名なアーティスト、アンネ・イムホフとのコラボレーション。

また、音楽は、アンネと長年コラボレートしてきたアーティストでミュージシャンのエリザ・ダグラスが自身の曲「Half of Freud’s Books」および「DNA」のパフォーマンスを行いました。

GIORGIO ARMANI 2021 SS

TIMELESSがテーマになった次シーズンですが、昨今の日々を鑑みて、最高級の素材を使いながらもリラックスした、ラグジュアリーなコンフォートウエアを発表。
今の気分にぴったりでした。

パリからミラノへ、発表の場を移したVALENTINO。ドローンなのか大型のカメラなのか、コレクション会場を縦横無尽に移動しながらモデルを追いかけるので、見応えがありました。


鬱蒼としたこの空気を跳ね除けんばかりに、カラフルなコレクションを発表。全ラインナップを見ても、黒いアイテムは皆無でした。
こんな感じで、デジタル配信でのコレクションを堪能しています。

追記ですが、あの小室哲哉さんがカムバックされました。Ground TKというオンライン配信のトーク番組(&小室さんのワンマンショー)は、配信後1週間のみ閲覧可能だそうです。
今後、Numero.jp内でトーク内容をアップするのと、NumeroTOKYOのYouTubeチャンネルでも、トークの様子を配信する予定ですので、ご期待ください。

初回のトークのお相手は10月23日に最新映画「朝が来る」の記者発表も兼ねた河瀬直美監督が登場しました。
小室哲哉 朝が来る

「朝が来る」は、昨今の世相を反映させた、養子縁組が題材となった辻村深月さん原作から映画化されたものです。
小室哲哉さんと河瀬直美監督

舞台裏で撮ったショットです。

最後に・・・最近ハマったメニューは、こちら、自宅で簡単、酸辣湯もずくスープ。レシピアプリのクラシルをよく使っているのですが、もずくスープで検索すると出てきます。三杯酢のもずくで作るのですが、我が家の定番メニューです。

田中杏子

9ree3 • 2020年10月2日


Previous Post

Next Post